業務フロー、マニュアルの作り方でベンチャー企業の起業を成功させる方法

『業務フロー、マニュアルの作り方でベンチャー企業の起業を成功させる方法』サイトトップ
 >  ベンチャーへの投資をする企業のあり方探し方

ベンチャーへの投資をする企業のあり方探し方

カテゴリーの説明文:ベンチャーへの投資をする企業が、ベンチャー企業投資に成功する方法を伝えていきます。日本における起業家支援がより充実することを願って。ベンチャーへの投資をする企業が、より活躍する時代が来て欲しいです。また、優れたベンチャーへの投資をする企業の探し方も教えます。

スポンサードリンク

『ベンチャーへの投資をする企業のあり方探し方』カテゴリー記事一覧

見やすい業務マニュアルの作り方とは?


◆見やすい業務マニュアルの作り方を説明する前に。 ベンチャー企業の起業の専門ブログから「業務フローや業務マニュアルも紹介するブログ」に変更したら、すぐに訪問者が増えました。少しずつ人気ブログになってい...

ベンチャー企業が起業して投資家から支援を受ける方法(売り込み方)


ベンチャー企業が起業してまもない時期に資金援助を受けるのは難しい。 普通にベンチャー企業を起業しただけでは、資金はなかなか集まらない。 自分の力でベンチャー企業を売り込み資金を集めるしかない。 売り込...

ベンチャー企業投資での成功とは?(起業の支援と利潤獲得)


ベンチャー企業投資での成功とは? 大きく分けて二つの成功がある。 「起業家の支援」と「利潤獲得」である。 「利潤獲得」はベンチャー企業に投資するものにとっては一番わかりやすい利益である。 説明の必要も...

『ベンチャーへの投資をする企業のあり方探し方』カテゴリー新着記事

見やすい業務マニュアルの作り方を説明する前に。
ベンチャー企業の起業の専門ブログから「業務フローや業務マニュアルも紹介するブログ」に変更したら、すぐに訪問者が増えました。少しずつ人気ブログになっていけそうなのは非常に嬉しいです。将来が楽しみなので、「業務フローの書き方や業務マニュアルの作り方」に興味ある皆さんに役立てるようにもっと一生懸命記事を更新していきますので、今後もよろしくおねがいします。

ベンチャー企業の起業に成功するために、直接役に立つ情報もどんどん増やしていきます。「業務フローの書き方や業務マニュアルの作り方」を極めることもその一部です。といっても、本当にベンチャー企業の企業に成功することを第一に考えるなら、「業務フローの書き方や業務マニュアルの作り方」に関しては、厳選された業者リストを参考にすることをおすすめします。

見やすい業務マニュアルの作り方を学ぶ必要はない?
ある程度勉強をしておいたほうが良いのは間違いありませんが、業務フローや業務マニュアルによって業務効率を上げるために「勉強する時間が長い」のでは本末転倒ですからね。業務効率を改善するためのサービスは本当に進化し続けていますから、優れた業者のシステムを導入するのがおすすめです。専門家が、より優れた業務フローや業務マニュアルを作成するための個人的なアドバイスもたくさんしてくれます。また、ベンチャー企業には社員に対する信用が足りないのですが、大手のシステムを導入して業務命令を出せば、より簡単に社員も納得してくれます。

防災マニュアルの作り方は難しいテーマですが、重要なので説明していきます。ソフトウェアの操作マニュアルの作り方を覚えれば、わかりやすい見やすいマニュアルを作ると同時に、あまり質の高くない操作マニュアルの理解も楽になります。ExcelやWordを使った作成方法は、テンプレートやサンプルを提供すれば、すぐに真似して頂けますね。多くの使用者の声を聞いてUIもかなり工夫が凝らされているので、とても見やすいマニュアルが多いです。あなたの意見を取り入れて、あなたにとってみやすい業務マニュアルを作成してくれる可能性もあります。

みんなにとって見やすい業務マニュアルを!
人事部や営業部など、部署ごとに業務マニュアルの作り方や業務フローの書き方が異なると問題が起きます。そうならないようにするためには、内部統制の事も考えて全体の業務マニュアルの作り方に関する、わかりやすい見やすい使いやすい様式のテンプレートを配布するとよいでしょう。サンプルを提供すれば、それに基づいて自由に各部署で最適な業務マニュアルを作成できますが、長期的には様式がバラバラになっていくので、定期的にテンプレートを使って統一したほうが良いことも多いです。

社員がExcelやWordを使えない場合には、簡単にアクセスできるオンラインのソフトウェアを使って業務を管理するべきでしょうね。優れたシステムならば、業務マニュアルの作り方や業務フローの書き方を学ぶ必要もなくなりますのでおすすめです。日報などをシェアできる機能もあれば、社員全体のコミュニケーションも円滑になります。業務の達成報告システムを使えば、いちいち達成の報告を受けなくても、達成出来なかったり達成の仕方に問題の有りそうな業務だけを抽出して、連絡を受け取ることができます。

経理や内部統制など、どの会社でも同じ業務である場合は、システム側が自動的に業務を最適化してくれたり、業務フローや業務マニュアルの問題点を指摘・修正してくれます。社員に対して適切な評価やアドバイスを自動でできるように設定できる業務管理支援システムもあります。これだけ、業務管理システムが高度になってくると、自分の手で業務フローや業務マニュアルを作成するのはバカバカしくなります。ただ、業務管理システムで対応できないような特殊な部分には依然として必要でしょう。そういった部分をシステム化される可能性もありますが、それをビジネスチャンスと捉えてもよいでしょう。将来的にシステム化されるとしても、今すぐ必要な場合は自分で業務フローや業務マニュアルを作成しなくてはなりません。

見やすい業務マニュアルはあふれている
見やすい業務マニュアルはたくさん作られているので、わざわざ自分で作る必要はありません。ただ、どうしても市販のものに納得出来ない独特の感性を持つ集団の場合は、自分たちなりに工夫して作るしかありませんね。その際もいちから作るのではなく、すでに完成しているものの問題点を修正していく形で作っていくとよいでしょう。


ベンチャー企業が起業してまもない時期に資金援助を受けるのは難しい。
普通にベンチャー企業を起業しただけでは、資金はなかなか集まらない。
自分の力でベンチャー企業を売り込み資金を集めるしかない。


売り込み方法は二通りある。
◆個人投資家、機関投資家に直接売り込む方法。
投資家の考え方をしっかり理解したうえで、相手の喜ぶメリットを適確に伝える。
社会的責任投資、個人的な思いによる投資のように直接的な利益以外のものに訴えるのも有効。
◆個人投資家、機関投資家にベンチャー投資アドバイスをする人に売り込む方法。
ベンチャー投資アドバイスにより信頼を失うことがないように確実に収益を生むことを証明する。
安全性と収益性をうまくしめせればかなりの投資を受けることができる。


ベンチャー企業投資での成功とは?


大きく分けて二つの成功がある。
「起業家の支援」と「利潤獲得」である。


「利潤獲得」はベンチャー企業に投資するものにとっては一番わかりやすい利益である。
説明の必要もない。どのように利潤を獲得するかは重要であるが。
「起業家の支援」は、ベンチャー企業に社会をよくしてもらい、利益を得るということである。
これも最近は、社会的責任投資として有名になっているので、ご存知の方も多いと思う。


「利潤獲得」に関しては、「何円」の投資に対して「いつ」「何円」のリターンを得るか
を明確にするとよい。
「起業家の支援」に関しては、社会がどのように変わり「具体的にどのようなメリットがあるか」
を明確にするとよい。
こうすることでベンチャー企業投資での成功の条件が明確になり、
成功をつかみやすくなる。


投資をする側は、明確にしたメリットを提供してくれるベンチャー企業を以下に探すかが重要です。
支援を受ける起業家側は、明確にしたメリットの提供をわかりやすく保障することが重要です。
それぞれのノウハウを公開していきます。

次回に続く。


ベンチャー企業に関するものではありませんが、
投資をする際に参考になる極秘ノウハウです。

『元証券会社社員が明かす!3万円を3ヶ月間で100倍にする就寝直前30分超少額投資法!』


 >  業務フロー、マニュアルの作り方でベンチャー企業の起業を成功させる方法のページ上部へ↑
『業務フロー、マニュアルの作り方でベンチャー企業の起業を成功させる方法』のサイトトップへ
まずは最新記事をチェック↓
  • 見やすい業務マニュアルの作り方とは?
    ◆見やすい業務マニュアルの作り方を説明する前に。 ベンチャー企業の起業の専門ブログから「業務フローや業務マニュアルも紹介するブログ」に変更したら、すぐに訪問者が増えました。少しずつ人気ブログになってい...
カテゴリーをチェック
最近の記事
キーワードランキング
『ベンチャー起業で成功するために』の関連キーワードをリストアップ! 関連キーワード
ランキングベスト5
1.ベンチャー 起業
2.独立 起業
3.起業 セミナー
4.起業 支援
5.起業 助成金
『ベンチャー起業で成功するために』関連サイト
  • ブログSEO対策:track word
  • ブログ SEO

  • 相互リンク
    関連サイトより募集中です。